自分の中心軸を意識して毎日をワクワク楽しく過ごす方法②

以前書いていた自分の中心軸を意識して毎日をワクワク楽しく過ごす方法の続きを、、ようやく書きます(パート①はこちら)。自分の中心軸を意識する方法として自分なりの考えでは、身体的アプローチと精神的アプローチの二つがあり、身体的アプローチでは…

・太陽を浴びる。

・深い呼吸をする。

・有酸素運動、身体を動かす、汗をかく。

・身体を緩め、巡りを良くし、身体の中心を整える(瞑想、ヨガ、自力整体など)

・とにかく笑う。

・大声で歌う。

というものがあると書きました。

一つ目の太陽を浴びる効果はパート①で書かせてもらったので二つ目以降のことについて説明していきます。「深い呼吸をする」について。とかく現代人は呼吸が浅いと言われています。明治以前の昔の人は肚を意識して暮らしていたので現代人よりもずっと深い呼吸をしていました。今は多くの人が胸式呼吸です。これを氣がついたら深い呼吸、腹式呼吸に変えていく。不思議とこれだけで氣分が落ち着きます。多くの人は胸より上の頭のほうに氣が上りがちで、四六時中ワタワタと落ち着かない、睡眠も浅くなりがちです。

人間は呼吸によって大氣中の酸素を吸い込むだけでなく、氣(宇宙エネルギー、プラーナ)を体内に取り込んでいるので、呼吸を深い呼吸、腹式呼吸に変えることによって氣をお腹(丹田)のほうに溜める、そして体の真ん中から全身に氣を巡らすイメージでしょうか。(以前も書きましたが、そのために大事なことはまず出すことです。まず吐くこと。ゆっくりと長い息をお腹から出すことです。)

宇宙に存在するものはすべてフラクタル(相似形)であるという宇宙の法則から、人間の体を地球に例えて考えてみると、毛細血管は大地に生える草木の根で、血液体液は大地をめぐる水です。水は氣(宇宙エネルギー)を運び大地の隅々までめぐらせます。全身に血液を送り出す心臓や内臓器官は地球にとって月ではないかと。月の引力が海の潮の満ち引きを生み出し、地球上の水を循環させるポンプの役割を担っています。考えてみると臓器の漢字の部首は月へんになっていますよね。

では人間の呼吸は地球で考えると何なのか、それは風ではないかと。風は水を運び大気を動かし淀みを撹拌し循環させます。エネルギーの高い場所(イヤシロチ、ゼロポイントフィールド、ゼロ磁場地帯)とは常にたくさんの氣(宇宙エネルギー)が流れ込み循環が起こっている場所で、逆にエネルギーの低い場所(ケガレチ、氣枯れ地)とは氣の流れが滞り停滞している場所です。

人間の体でも同じことが言え、血液や氣の流れが滞った箇所があるとそれが病気の原因になります(自分は専門家ではないので断定はしませんが、あくまで宇宙に存在するものはすべてフラクタルであるという考えから導いてきた仮説ですが)。

そう考えるとですね、やはり日々深い呼吸を意識することにより、全身、手足の先の隅々まで氣(宇宙エネルギー)を送り込み循環をさせることが大切ではないかなと。

深い呼吸を意識することは、いつ何時でも氣づいた時にはいつでもできます。あせったりなんだか氣持ちが落ち着かない、なんかイライラする、そんな時は自分の中心から、ずれている時。そういう時はゆっくりと深い呼吸を意識するだけでいつでも自分の中心に戻れるので、ぜひオススメです。

…やっぱりこのシリーズも長くなりそうなので、パート③へと続きます。

自然栽培によるmy田んぼの稲刈りが始まる。

田んぼの稲刈りが始まりました。以前も書きましたが(→こちら)自分が住んでいる地域(山口県長門市)のまわりの田んぼでは、今年は稲の害虫と言われるウンカの被害が酷いことになってますが、幸い我が家の無肥料無農薬の自然栽培による田んぼはなんとか大丈夫そうです(全体の5%ぐらいの被害)。

わが家の稲刈りは、すべて手作業による手刈りハザがけの天日干しスタイルです。ウンカの第3波被害の可能性がある(東南アジアあたりから飛来して来て稲に卵を産み付け、それが羽化し成虫になったウンカがもう一度卵を産み付けそれが孵る)と友達から聞いたので、収穫するには少しだけ早い状態ですが刈り始めました。

昨年は息子が生まれたばっかりだったのと一昨年は奥さんが妊娠していたのとで、昨年一昨年はすべて自分一人の手作業だったんですが、今年は息子も1歳半と少し成長し奥さんも手伝ってくれての稲刈り作業です。でも作業途中から息子はお腹が空いたのか場所に飽きてきたのか駄々をこね始め、結局自分か奥さんのどちらかが息子を見なくてはならなくなり、人員一人での作業になりました(笑)。いやそれでもすべて一人で作業するのとは違い体もラクで断然スピードも速い。

(現在、5歳の娘と1歳半の息子、二人の子どもの子育て真っ最中でほんとに毎日目まぐるしくバタバタと過ごしていますが、子育てについて自分の持論などもいつか氣が向いたらブログに綴ってみたいと思います。)

稲刈りをすべて手作業でやってるなんて言うと、奇特な人だなとか、ドMですよね?(笑)とか思われがちですが、実は自分なりの考えがあってのことなんです。

今の世の中では田んぼ作業に機械を使うのは当たり前で、大型機械なしでは今の日本の稲作は成り立たないと思いますが、国の食糧自給率もお米だけは100%です(全体では40%)。

でも自給率100%と言っても、機械を動かすガソリン(石油)は、すべて輸入に頼っています。もし何らかの有事が起こり海外からの輸入がすべてストップした際に、機械を動かすガソリンがないのでお米の自給率は100%ではなくなります。そうなるとすべて人力の手作業(または昔のように牛を使う)になってしまうので。

もちろんそんなことは起こらないことを願いますが、何があるか分からない世の中で、人間一人のマンパワーでいったいどれくらいのことが出来るのかを、自分なりに体感として確かめておきたい氣持ちがあり、稲刈りをすべて手作業でやっています。

もちろんそれだけが理由ではなく、青空のもと体を動かすと単純に氣持ちがいいとか、使う道具も鎌だけあればできるしとにかくシンプルでお金もかからないし、家族のレクリエーションにもなるなどの理由もあるのですが。

それともし何らかの有事が起きた際に、自分の家族が一年食べる分のお米なら機械がなくても人力だけでもなんとかなるという事例を今のうちからつくっておきたい氣持ちもあります。

小さな子どもとお年寄りや病気の人以外、元氣な人みんながなんらか農に携わって暮らしていけば、例え機械がなくともこれから世の中に何が起きようとも人力だけで食を自給し十分豊かに暮らしていけるはず。実際、海外の事例だとキューバとかロシアなどもそうやって国民が自分達で食を自給していたので。

…というわけで人力によるお米の収穫作業はもう少しだけ続きます。