『縄文』についての正しい再認識①

今から約6年半前、2014年3月に当時自分がリアカーで日本一周の旅をしていた時、熊野古道のある紀伊半島南部の地、熊野でメイドイン熊野の衣食住量り売りのお店「木花堂」をやっていた女性と出逢い(出逢った場所は日本最古の神社と言われている花の窟“はなのいわや”神社の前で、社殿はなく大きな巨岩が御神体でイザナミノミコトのお墓と言われている神社)、出逢ってから一週間後に即結婚することになった女性が現在の奥さんのサキエちゃんです。《現在、マサーヤン&サキエという音楽ユニットやってます。→YouTubeチャンネル

この出逢ってから一週間というまさに電撃婚ですが、まるでマンガかドラマのようなことが実際に起こるんだなと当の自分達でもびっくり仰天する出来事だったんですが、お店のお客さんや友達やリアルで会ってる人には詳しい話はするんですが、ブログなどの公の場で結婚に至る出逢いのことを書いたのは実は初めてかもしれません。

出逢ってから結婚を決めるまでのお互いのそこに至るまでのいろんな伏線のストーリーがあって、大嵐が起きたり携帯電話が壊れたりと結婚を決めるまでは旅を先に進めることが全然できなくて(結婚を決めたら先に進めた)、この時の出来事は自分達の意思だけではなく何かの大いなる力が働いたとしか思えなくて、自分で言うのもなんですがこの時の出来事を一冊の本か映画かドラマにするならば、とても面白い物語になるのではないかと(笑)。

まあその出逢いの詳しいストーリーはいつか氣が向いたら何かにまとめることがあるかもしれませんが、とにかく結婚してから約三年間は熊野の地で暮らしていました(奥さんは神奈川出身。お父さんとお祖父さんの故郷が熊野で、お祖父さんの熊野の家で13年間暮らしていた)。

そして熊野と言えば感受性の強い敏感な人なら訪れると分かるその土地の持つパワー。実際パワースポットと呼ばれる磐座や巨木があちこちにたくさんあり、そこまで敏感ではない自分でもそのエネルギーをいつも感じていました。

なんて言うか、古代からの縄文エネルギーをとても感じるのです。その頃から『縄文』というキーワードが自分の中にはずっとありまして。

奥さんと出逢ったのは花の窟神社ですが、同じく社殿のないこれまた巨大な磐座が御神体の丹倉(あかくら)神社という神社が熊野市の山奥にあり(ここで結婚式を挙げました)、この神社が自分達の出逢いから結婚に至るまでの鍵となる重要な場所であり、今でも自分達の心の奥底にはいつもある場所です。

まあとにかく熊野と言えば『縄文』というように、実際、熊野に住んでいる人の間では縄文時代にその土地を治めていたという女性「丹敷戸畔(ニシキトベ)」さんの話が知られており(日本書紀の中では神武天皇の東征の折に殺されてしまう)、先日なんだか氣になって「ニシキトベ」というキーワードで検索をしてみました(ずっと特定の一人物の名前を指すのだと思ってましたが実は30歳以上の子育て経験のある女性がつく役職の名なんだそうで)、そうすると3年前の2017年に『ニシキトベの復活』という本がナチュラルスピリット社から出版されていることを知り、今までは熊野に住むごく一部の人の間でしか知られていなかったニシキトベさんでしたが、今まで隠されていた封印されてきた『縄文』の世界がいよいよと表舞台へと出て来ているのだなということを実感しました。

前々回のブログ記事でご紹介した澤野さんの情報でも言われてましたが、いよいよこれから新しい時代、新しい世界が開けていくにあたり、今までの間違っていた私たち達の『縄文』というものについての正しい再認識がこれから不可欠なのではないかと感じています。

『縄文』について自分の思うことを書き始めようとしたら、結婚の話まで持ち出し前置きが長くなってしまったので、続きはまた次回に。

自分の中の盲点だった事。

昨日のブログで書いた自分の中の盲点の話ですが、それは何だったのかをずばり言います。

むかしから本当の事、この世界の真実を知りたかったので、何事も誰の言うことも既存の権威や組織の言うことも完全には鵜呑みにせず、自分の中にある固定概念を一個一個検証して、自分なりの答えを探して今まで生きて来たのは前回お話ししたとおりです。

例えば政治経済、マスメディア、学校教育、ビジネスの世界、衣食住に関して、農業、医療や病気について…などなど様々な分野について。が、一つだけ疑わなかった分野がありました。それはスピリチュアルの世界のことでした。2003年頃からそういう系の本もたくさん読み勉強して来ました。三次元の目に見える世界だけじゃなく目に見えない世界のことを考えるのも大好きなので。ここが自分の中の盲点だったのです。もちろんスピリチュアルの世界で言われてることをすべて信じて鵜呑みにしてた訳じゃありませんが、自分の概念を検証するという作業を他の分野に比べて怠っていることに氣づいたんです。

もしこの世界を支配管理しようとしてる人(存在)が、このスピリチュアルの世界にも仕掛けを施していたのなら?

スピリチュアルの世界で目指すこと、重要視されてることは、人間の目覚めです。が、人間の目覚めを促し本当のことが書かれていたり説かれてはいるけれど、最後の最後に結局、依存させられてしまうという仕組みが施されているとしたら??

95%は本当のことで5%は嘘が混じっていたらほとんどの人は氣付きませんよね、笑。

だから結局大事なのは、一人一人が本当か嘘か5%の嘘を見極める目を持つこと。このブログで何度も書いてますが、そのためには自分の中心軸をしっかり持っておくこと、中心軸と繋がっておくこと。自分の頭でよく考え勉強して最終的には自分の感覚、直感を信じることなんだろうなだと思います。誰しもの心の中心にある万物創造の意識、真の自分、ハイヤーセルフ、はすべての答えを知っていますから。

で、そんなスピリチュアルの分野で自分の中の固定概念をよく検証してみました。そうすると今年に入って書いたブログ記事で述べた自分の考えをいくつか訂正しなくてはと思いました。

地球が優良星、この世界がミロクの世になるためには、ハードランディングになるにせよソフトランディングになるにせよ自然災害、経済崩壊、食糧危機などの荒事が絶対に避けらけないだろうと思っていました。いろんな本に書かれているしいろんな人が言ってるので。が、人間一人一人の心の中心には万物創造の意識がありその意識と一人一人が繋がるのならば、荒事はあえて起きる必要、体験する必要はないじゃないか、、と思ったんです。

あと、別の記事でこの世界からお金がなくなると書いたことも訂正したくなりました。今の世の中では恐怖や不安の代償、穴埋めの存在としてお金が存在することを否めません。が、実は不安や恐れ不足はなくすべてが満たされていたとみんなが氣付き、お金というものが愛のエネルギー循環が目に見える形として存在するのならば、お金がなくなる必要はないんじゃないかと。これからも愛のエネルギー循環はなくなることはないし、もしろそれは宇宙そのものです。

結局、一人一人がどんな世界で生きるのかを今の意識で選択出来るんだろうと思います。並行宇宙、マルチユニバースですね。100人いれば100通りの宇宙、70億人いれば70億通りの宇宙が。

そういう訳で、自分は荒事を経験する必要のないミロクの世界を今、選択しました。

自分の中の盲点に氣づく情報

自分の青春時代に愛聴し今だに色褪せることないブルーハーツの名曲「情熱の薔薇」の曲の一部にこんな歌詞があります。

見てきたものや聞いたこと
今まで覚えた全部
でたらめだったら面白い
そんな氣持ち分かるでしょう?

2020年という今の時代だからこそ、この歌詞が胸に響いて来るのは自分だけでしょうか。人は自分が信じているものを信じたい性質があるので、自分の信じているものを人に否定されると場合によっては怒りだすか、否定して来た人を批判し返して喧嘩になります。

でもその自分が信じて疑いもしない当たり前のことが実は誰かにでっちあげられた嘘でデタラメだったとしたら?

真実の扉を開くことなく嘘やデタラメを信じたまま人間は一生涯を終えてしまいます。

自分はそんなことは嫌だから、本当の事が知りたいから、高校生の頃から数えてもう30数年「この世界の真実は?人生とは?宇宙とは?」そういう根源的なことについて考え続けてきました。10代20代の頃は真剣に悩んでいましたが、40代ともなると自分はこういうことを考えるのが好きなんだと氣付き、いまは趣味のようなものだと思ってます、笑。

だから自分が頭の中で信じて疑わないような事柄を一個一個実体験と知識と直感を交えながら検証し、間違っていると思うならば潔くその考えを捨て去ることをして来ました。そんな頭の柔らかさや柔軟性をとても重要視してきました。

だから「ああそうだったのか〜とか、ああこういうことかも!」という氣づきを得て、自分の中にある閉ざされた扉を今までの人生の中でいくつも開けてきたつもりです(この氣づきを得られた瞬間が快感なんですよ、笑)。

時代がそういうタイミングなのか、昨年春に息子が誕生した頃から今年に入ってコロナが起きそして最近でもそんなことがとても頻繁に起こってます。

そんな自分なんですが先日「ああ〜この扉、疑ったことがなかったなぁ。。」という自分の中の盲点に氣づく情報と出会いまして、それは歴史認識から生まれる盲点した。

歴史は(戦争の)勝者がつくると言いますが、自分たちがむかし学校で教わった日本や世界の歴史、自分もそれは基本的には嘘だと思っていて、実際のところ本当のところどうなっているんだろうと興味があってむかしからよく考えて来た分野の一つです。

その自分の中の盲点に氣づく情報と出会い、今まで点と点だったものが線で繋がった感覚がありました。縄文から弥生、大和へ至る歴史の流れとか、古代イスラエルの失われた10子族のこととか、明治維新から第二次世界大戦、戦後のいくつかの事件のこととか。こういう情報に初めて触れる人にとってはチンプンカンプン、トンデモ話だと思う人が多いかも知れません。

でも自分的にはたくさんの本を読んだりこういうことはむかしからずっとずっと考えて来たことなので、とても腑に落ちたのでした。自分の盲点に氣づきその後考えがどう変わったのかはさておき今日はその情報のリンクを張っておきます。

Blog – intuition – 澤野大樹さん公式サイト

澤野さんの青森講演会を主催されてる方のブログ。澤野さんが講演等で述べられてる内容を詳しくご紹介されています↓
宇宙の中心で愛を叫ぶ。


これからの時代のキーワード「宇宙エネルギーを集める」

2014年4月にアメブロのほうに書いた飯島秀行さんの講演会の内容を転載した記事に、今でもわりとアクセスがあり、興味関心ある方によく読まれているようなんです。↓こちら。

先日、自分も氣になって久しぶりにその内容を読み返してみたんですが、その時は感覚でなんとなく分かった氣になってたのが、6年半経った今、より理屈で理解が出来るようになっていました。

このブログで今年になって何度も宇宙は愛で出来ていたシリーズなどでも書いているように、2014年には難解だと思っていた飯島さんの講演会の内容が、より理屈で理解が出来るようになっているのは、自分の中で「どうやら宇宙はこうなっているのだな」という自分なりの答えを昨年ぐらいから持てるようになったのが大きいと思います。

講演会の冒頭に出てくる、宇宙にたった一つの法則
(X)+(Y)=0  X:作用、Y:反作用、0:法則、神、中性

という公式、今ならよく理解が出来ます。相反するエネルギーが合わさってその中心に宇宙エネルギー(ゼロポイントフィールド)があるということが。

例えば男性エネルギーと女性エネルギーが合わさり生命エネルギーが生まれるなど。あの有名な太極図ですね。

右回り左回りの陰と陽の相反するエネルギーが交わる中心部が大事。これもフラワーオブライフの中心部に宇宙エネルギー(ゼロポイントフィールド)があるという考え方と同じで、結局こういうことが宇宙を表しているのだろうと。

それで氣付いたんですが、以前ブログにも書いた大地の再生の手法で、コンクリートやアスファルトで締め固められ硬くなった大地の再生をするために、周りに穴を掘り必ず炭を入れ、そのあと枝や枯れ葉などの有機物を投入します。同じように土地環境や磁場を整える古代人の叡智の一つ、カタカムナ人の炭素埋設法というものがあり、こちらも土地の四隅に深い穴を掘り同じように炭を入れます。この「炭を入れる」ということが大事なポイントなんだろうと氣づきました。

一般的に炭には水を浄化したり除湿効果や炭の持つ多孔質に微生物が集まり土壌改良などの効果があることで知られていますが、ここからは自分の仮説ですが、炭というのは木や竹などを一度火で燃やしたもので、火のエレメントを持つ物質です。これを土中に入れることにより、大地に降った雨の水と合わさることにより、相反する火のエネルギーと水のエネルギーが合わさりその中に宇宙エネルギーが生まれるのではないかと。生まれるというよりも宇宙エネルギーは空間上に無数にあるものなので「集まってくる」と言ったほうがいいと思います。火を入れてエネルギーを高める(集める)ということで言えば、料理をする時も火を通したほうが美味しくなるし、お風呂も薪の火で沸かした熱いお湯などはより氣持ちが良いものです。

で、このことを理解すると飯島さんの講演会の内容によく書かれてある「圧を高める」ということがよく理解出来ます。空の容器(実際は空ではないですが)に宇宙エネルギーを集めることが圧を高めること。

例えば人間のお腹が空く現象。お腹が空いたら胃袋に隙間が出来るので、水と食べ物を入れて胃袋内の圧を高める。だから現代の栄養学の観点では説明出来ないんですが、実際は水や食べ物が持つ宇宙エネルギーを体内に取り入れて人間その他の動物は生きているんではないかと。食べ物を食べて生きているんじゃなく宇宙エネルギーを集めて生きているとも言えます(人はものを食べる時、陰陽関係の上の歯と下の歯でよく噛むことにより、食べ物のエネルギーをさらに高めている?)。だから何も食べなくても生きていける不食の人が実際にいることも頷けます。

野菜作りの観点からみると見た目が綺麗で大きな野菜が必ずしも体に良いわけではなく、見た目よりも宇宙エネルギーをたくさん持つ野菜を育てることが大事で、飯島さんが「野菜に虫が付くのは、虫がセルモーターの役割をしている」と言ってることも、これも野菜が育つ土中環境に宇宙エネルギー(微生物)が不足しているので、野菜自身に元氣がなく、虫がセルモーターの役割を担ってエンジンを回してる状態なんだと理解できます。だから虫を排除しようと農薬を撒くのではなく、人間がやるべきことは、田んぼや畑に宇宙エネルギー(微生物)をたくさん集めて圧を高めること。後は種を撒いて放っておけば、宇宙エネルギーの力で元氣で美味しくエネルギーたっぷりのお米や野菜が勝手に出来るはず。(こういう視点で自分の田んぼや畑で実験しています)

飯島さんの言う「微生物」を「宇宙エネルギー」に置き換えて、もう一度この講演会の内容を読み返してみると、なるほどな〜と全てが腑におちるので、興味関心ある方にどうぞオススメです。